人生に一度は悩む腰痛。その原因と対処法について。

みなさん、こんにちは。
はりきゅうマッサージサロン笑和(しょうわ)
院長の川添です。

今回は多くの方が悩んでいらっしゃる、
腰痛についてコラムを書いていきたいと思います。

腰痛とは「運動時あるいは安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称」です。
腰痛の原因には、

  • 背骨や背骨の間にある椎間板(クッションの役目)の変形
  • 背骨の関節の問題
  • 背骨を支えている靭帯や筋肉の障害

など色々なことが考えられますが、
腰痛の原因を正確に診断できるのは、
全腰痛患者の半数以下、報告者によっては10%程度とも言われています。
このことから、腰痛の原因を特定することの難しさが良くわかりますね。

腰痛

腰痛の原因

腰痛の原因となる疾患をご紹介しておきます。

  • 退行変性(加齢や使い過ぎなど)によるもの
    ☞椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・脊柱管狭窄症
  • 骨代謝異常によるもの
    ☞骨粗鬆症・骨軟化症
  • 外傷によるもの
    ☞腰椎圧迫骨折・横突起骨折・打撲・脊椎分離症・脊椎すべり症
  • 炎症によるもの
    ☞筋炎・筋膜炎・化膿性脊椎炎・結核性脊椎炎・関節リウマチ
  • 腫瘍によるもの
    ☞骨肉腫・軟部組織肉腫・血管腫
  • 静力学的要因によるもの
    ☞姿勢不良・筋肉疲労
  • 先天性の要因によるもの
    ☞仙椎の腰椎化・腰椎の仙椎化・奇形

急性腰痛

急性腰痛症の中でも、代表的な「ぎっくり腰」について紹介します。

「ぎっくり腰」は、
ちょっとした体動で急に発症し、
場合によっては激痛のため脂汗が出て、
歩けなくなるような発作性の腰痛のことを言います。
☞「魔女の一撃」と表現されることもあるようです。

ぎっくり腰になる原因は明らかにされていませんが、
多くの場合、

  • 腰椎の並びでできる関節に組織が入り込んで痛みが出る
  • 椎間板ヘルニアの始まりだったりする
  • 何らかの拍子で生じた筋肉・筋膜・靭帯などの損傷

などが原因として考えられているようです。

「ぎっくり腰」の激しい痛みは、
2~3日絶対安静にしていれば取れることが多いです。

※安静・鎮痛剤の使用でも良くならない腰痛、痛みが進行する腰痛、発熱を伴う腰痛の場合は、
内臓疾患・悪性腫瘍・感染症などの疑いもあるので、最寄りの医療機関で早めに受診するようにしてください。

慢性腰痛

原因がはっきりしない、
6か月以上続いているような腰痛を慢性腰痛と言っています。

慢性腰痛は多くのケースで、
複合的要因が関与していて、単純ではありません。

例えば、

  • 筋肉・筋膜・靭帯などの微小損傷の繰り返し
  • 精神的ストレスや腰痛に対する不安
  • 痛みからくる筋肉の持続的緊張
  • 筋肉の長期疲労からくる血流の停滞(阻血)
  • 肥満による腰への過剰な負担
  • 腹筋群・背筋群の筋力バランスの不均衡
  • 不良姿勢の持続

など、これらの要因がいくつも重なり合い、慢性腰痛は引き起こされると考えられています。

特に気をつけておきたいのは、
病気が慢性腰痛の陰に隠れているときのパターンです。
椎間板ヘルニア・脊椎すべり症・脊柱管狭窄症・リウマチ・感染症・尿管結石症など、
「検査してみたら見つかった」なんてことがあったりします。

というわけで、
ずっと痛みが続く腰痛に関しては、医療機関でエックス線検査・血液検査・神経学的検査などを受診し、
病気が見つかったら適切な治療を受けることがとても大切です。

腰痛の対処法

  • 安静やコルセットによる固定

    腰への負担を減らすことを目的とします。
    コルセットが脊柱・骨盤を支えてくれることで姿勢が安定します。
  • 消炎鎮痛薬の服用や塗布・貼付

    受診した医療機関から処方されたものを適切に使用し、
    痛みを和らげます。
  • ストレッチや腰に負担のかからない運動の実施

    ストレッチで筋肉の柔軟性を向上させ、
    筋肉の血流量を高めます。
    腰痛は筋力低下が要因となっていることが多いため、
    適度な運動をすることで筋力をアップし、
    腰痛を予防します。
  • 定期的に鍼灸マッサージを受ける

    腰痛症では、
    背中・おしり・足など
    その周囲の筋肉も緊張し、
    硬くなっていることが多くみられます。
    凝り固まった筋肉の緊張を鍼灸マッサージ施術で緩め、
    血流を改善することで腰痛を緩和させていきます。

まとめ

これまで書いてきたように、
腰痛の原因はなかなか特定できないのが現状です。

腰痛は、

  • 仕事や家事などの精神的ストレス
  • 腰痛に対する不安やイライラ
  • 生活習慣(運動不足や不良姿勢など)
  • 肉体疲労

など、自分の周囲を取り巻く内外的な環境が大きく関わっていることが多いため、

  • 生活習慣の改善
  • しっかりと栄養を取る(バランスの良い食事)
  • 充分な睡眠時間の確保
  • ストレスの解消と適度な運動
  • 疲労の回復

をしっかり意識して、
規則正しい生活習慣で毎日を過ごせば、
腰痛の緩和と予防が期待できます。

はりきゅうマッサージサロン笑和では、
鍼灸マッサージによる腰痛緩和の施術はもちろん、
腰痛予防のためのストレッチや運動法など、
お客様に必要なアドバイスも

させていただいております。

当サロンは
“未病治(未だ病にならざるを治す)“=「病気になる前に養生をして、健康状態を維持する」
という東洋医学的な考え方を大切にし、
病気になる前に「病気にならない身体作り」をお手伝いさせていただいています。

・体調がすぐれない ・身体のことで相談したい ・心身ともにリフレッシュしたいなど
お困りのことがございましたら、お気軽に当サロンへご相談ください。

こちらからも、お問い合わせ・ご相談・ご予約などが可能です。この機会に是非ご登録ください‼

☟ ☟ ☟ ☟

Instagram ・ 公式LINEアカウント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ホームページ用店名ロゴ.jpg
営業時間10:00~20:00 (最終受付 19:00)
定休日不定休 (スケジュール配信をご確認ください)
駐車場敷地内駐車場 有 (ビル真ん中の通路を抜けてすぐ左 NO.7) 
住所 〒880-0033 宮崎県宮崎市神宮西2丁目274丸伊ビル202
電話番号0985-77-5001
メール890salon.showa@gmail.com
公式LINEアカウントhttps://lin.ee/ZAJpYc5
LINE ID @431qbvuy
Instagramhttps://www.instagram.com/890salon_showa
Facebookhttps://www.facebook.com/890salonshowa/

☞メニュー一覧はこちらへ

☞お問い合わせフォームはこちら